ナムコスキーのGMブログ

主にアレンジメントされたゲームミュージックを好き勝手に語ります♪

カテゴリ: 雑感

SRIN-1158_NH_H1_LARGE

http://sweeprecord.com/srin-1158/

こういうのなんですよ!これでいいのですよ!えーいガンダムを映せ!

 流石は我が『スーパースイープ』様さまサマです。

 

『メルヘンメイズ』の伸びやかな浮遊感とホップな音色、好きです!

 そして、でた!でちゃった!でていいの?『ブラストオフ』『ファイナルブラスター』メジャーメイカーnamcoの超マイナーSTG。『ボスコニアン』の続編という設定だったかな?むしろコッチが本命。『デンジャラスシード』も仲間に入れてください、お願いします。


 

たのしみでしかない!


1536371974

タイトル画像に?の方の為に、少々解説を。1988210『ドラゴンクエストⅢ』発売。1988年度シングル売上1位、光GENJI『パラダイス銀河』この年のNHK大河ドラマは中井貴一主演『武田信玄』、大友克洋原作の映画『AKIRA』公開。カルチャー的にはそんな時代1988年。

 

さて、今年は2018年。30年前は1988年です。当たり前だっ!ですね(^_^;)

当ブログで、ご紹介するソフトの記事を作成するにあたり、1988年をモロモロ調べていきますと今記事のタイトルに気づきました。その証拠を以下にご披露いたしたいと存じます。

 

1988年発売SLGタイトル 17

0318日 信長の野望全国版(光栄) 

0318日 ナポレオン戦記(アイレム)

0328日 武田信玄(ホット・ビィ)

0329日 フリートコマンダー(アスキー)

0405日 独眼竜政宗(ナムコ)

0428日 戦車戦略 砂漠の狐(KEMCO

0527日 将軍(ヘクト)

0715日 ベストプレープロ野球(アスキー)

0729日 三国志 中原の覇者(ナムコ)

0812日 ファミコンウォーズ(任天堂)

0819日 不如帰(アイレム)

1011日 大戦略(ボーステック)

1028日 アメリカ大統領選挙(ヘクト)

1030日 三國志(光栄)

1202日 半熟英雄(スクウェア)

1209日 キングオブキングス(ナムコ)

1221日 銀河英雄伝説(KEMCO

 

因みに1988年にリリースされたFCソフトの総数が142本(wiki参考)ですので約12%がSLGとなります。ニッチなジャンルでかつ、膨大なデータの処理に向いていないFCにしては多い割合だと思われます。

 

PCでの成功を引っ提げての光栄の信長、三国志、システムソフトの大戦略。ナムコは独眼竜正宗、三国志中原の覇者、キングオブキングスの3タイトルもリリースです。本家任天堂のファミコンウォーズ、スクウェアの半熟英雄、アスキーのベストプレープロ野球など今後シリーズ化する名作も1988年に誕生しております。私ナムコスキーおススメの不如帰ももちろん同年の発売。以上のようにこれだけのビックかつメジャーなタイトルが世に出た年は1988年以外に有りません!



ジャンルとしてのRPGはドラゴンクエストⅢによって一応の完成を見たわけで、今後の開拓すべきフロンティアはSLGであると各メーカーが見込んでいたのは想像に難くないです。


以上の事から1988年はFCSLG開花元年と認定いたします!

信長の野望・大志 - PS4
三國志13 with パワーアップキット - PS4
大戦略パーフェクト4.0 - Switch


20180514102052_749_
l_kf_jump_02

任天堂は、集英社「週刊少年ジャンプ」の50周年を記念した「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ 週刊少年ジャンプ創刊50周年記念バージョン」を発表。7月7日より発売する。

「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ(ミニファミコン)」は、「ファミリーコンピュータ(ファミコン)」の本体サイズを約60%に縮小したモデルとして、2016年11月に発売されたゲーム機。

今回発表したジャンプ50周年記念バージョンは、ゴールドのボディカラーを採用した特別仕様となっており、「週刊少年ジャンプ」をイメージしたパッケージで提供する。さらに、「週刊少年ジャンプ」に関連する20タイトルをあらかじめ内蔵。明らかになった収録タイトルは、以下の通り。

「キン肉マン マッスルタッグマッチ」「ドラゴンクエスト」「北斗の拳」「ドラゴンボール 神龍の謎」「キン肉マン キン肉星王位争奪戦」「聖闘士星矢 黄金伝説」「キャプテン翼」「聖闘士星矢 黄金伝説 完結編」「赤龍王」「ファミコンジャンプ 英雄列伝」「魁!!男塾 疾風一号生」「暗黒神話 ヤマトタケル伝説」「天地を喰らう」「北斗の拳3 新世紀創造 凄拳列伝」「ドラゴンボール3 悟空伝」「キャプテン翼II スーパーストライカー」「ドラゴンボールZ 強襲!サイヤ人」「まじかる☆タルるートくん FANTASTIC WORLD!!」「ファミコンジャンプII 最強の7人」「ろくでなしBLUES」

なお、収録ソフトと本体のカラー以外、基本的な機能や仕様は「ミニファミコン」と共通とのことだ。

価格は7,980円(税別)
サイトより抜粋。

ジャンプ黄金世代の俺歓喜!!!とは、なりません。当時のキャラゲーはチョイとアレなのが多い印象なのです。ただ、ネタ的には大歓迎!金ピカにするなんてゴールデンフリーザ様も真っ青!のドストレート仕様(^_^;)


ネオジオ、メガドライブと矢継ぎ早にミニ版が発表されて、レゲー周辺が賑やかなのは良い事です。


そうですね~来年あたり「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ 月刊コロコロコミックバージョン」なんて如何でしょう?藤子不二雄作品、ハドソン関連で充分ライナップ可能ですし、人気度も抜群かと。是非、ご検討くだされば幸いです(*^^)v

 

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ
任天堂 ニンテンドー クラシックミニ ファミリーコンピュータ&ACアダプターセット
ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ 【Amazon.co.jp限定】 オリジナルポストカード(30枚セット) 付






↑このページのトップヘ