ナムコスキーのGMブログ

主にアレンジメントされたゲームミュージックを好き勝手に語ります♪

カテゴリ:買ったモノ >

DSC_2123

久しぶりにイイものに出会いました(*^^)v

 

『ゲーム&ウオッチ』1980発売開始ですので、もうすぐ40年ですね。うろ覚えですがCMも何となく記憶しています。ファミコンが1983年なのでこのGWの大成功が基盤になっての、更なるファミコン大大成功にバトンが渡されたのは明白であります。例えば十字ボタンの導入はGWの『ドンキーコング』が史上初です。功績は多大ですがFCの全世界的ブームが余りに巨大すぎてその影に隠れがちですね。GWFCのリンクを明確に示した文章はあまり見掛けません。まぁ、あくまで電卓の延長のGWTVゲームのFCとでは進化のレールは別路線かも知れませんが…(^_^;)

 

さて、本誌ですが、資料的価値大です。そもそも『ゲーム&ウオッチ』は任天堂の商標であって他社のは別の名称です。例えばエポック社の『ポケットデジコム』、バンダイの『LCDソーラーパワー』シリーズが有名ですね。その任天堂製の全GWが原寸大で紹介されているのです!任天堂謹製全て網羅、まさにパーフェクトです!

 

GW関連の書籍はこれ一冊あれば他は必要ないです、それほどのモノです(*^^)v

2160と少々お高いですが、B5176pオールカーラーなら納得。

ゲーム&ウオッチパーフェクトカタログ (G-MOOK)
ゲームボーイパーフェクトカタログ (G-MOOK)
80年代AVGガイドブック (G-MOOK)




DSC_1934

まさに帯の言葉のとおり!さらに補足するならば『この年齢まで漫画を描き続けていただきありがとうございます!』若輩が言うべきではありませんが、まさに継続は力なり。

 

ちょいと感想をば、

ちばあきお先生のくだりは、正直苦しくて読み進めなく。巻末の初めて原稿料を頂いた回の天にも昇る気持ちは、不肖ナムコスキーも嬉しくてたまりませんでした!

この一歩が無ければ後に続く、私の大好きな作品に出会えなかったのですから…。

 

永遠はありませんが、可能な限り長く先生の新作を読みたいですね(*^^)v

ひねもすのたり日記 (第2集) (ビッグコミックススペシャル)
ひねもすのたり日記 (第1集) (ビッグコミックススペシャル)
ちばてつや自伝 屋根うらの絵本かき


DSC_1714

もう7巻、まだ7巻です。最近のマンガでは一押ですね。3巻をご紹介したのが20169月ですので1年に2冊出るか出ないかのスローペースですが、同誌連載の『乙嫁語り』よりは早いので我慢しましょう。


序盤のドタバタ劇オンリーから徐々に支配階級が顔を見せたり、仲間のドワーフの過去などが明かされてきて、物語は核心に触れ?シリアスになりつつある予感です。

 

といいつつも、流石は九井氏です。いやー魔術師の召喚術のくだりには、笑わせてもらいました(*^^)v人物の描写がイイ!丁寧で細かいキャラ設定の賜物でしょう。

 

今後も益々期待して続巻を待ちたいと思います!

 

まだ7巻、未読の方はまだギリギリ間に合いますよ!7冊なんてすぐ読破出来はできます。なんたって面白いですから!

 

あ、やっぱり「センシ」の命名はダンジョンRPGの金字塔であるところの、◎◎◎の「せんし1」に由来ですよねー(^_^;)

ダンジョン飯 7巻 (HARTA COMIX)
ダンジョン飯 6巻 (ハルタコミックス)
ダンジョン飯 コミック1-6巻セット (ハルタコミックス)


↑このページのトップヘ