ナムコスキーのGMブログ

主にアレンジメントされたゲームミュージックを好き勝手に語ります♪

カテゴリ:GM > ナムコ

hosoe3

 

 (*゚▽゚)/゚・:*【祝!稼働30年】*:・゚\(゚▽゚*)

ようやくこの曲をご紹介できる日が来ました。このブログを始めたのもこの日を目指していたと言っても過言ではありません。目標に到達できましたので、2015年に開設した当ブログを本日をもって閉鎖いたします!ウソです!

 

我らオッサン世代には周知である『ドラゴンスピリット』(AC1987稼働・ナムコ)の続編が今回のお題『ドラゴンセイバー』(AC1990稼働・ナムコ)です。30年前の話を普通にしているのですが、これは普通ではないのでしょうね、世間の常識から見れば。まぁ世間とは何ぞや?私は好きなことの話をしているだけです。あまり気にしないで参りましょう!

 

システム上の大きな変更点は2人同時プレイが可能になった事でしょう。他はほぼ前作と大差ありません。作曲も当然、細江慎治氏が担当。

 

スタートの1面の舞台「水没都市」浪漫があります。繁栄を誇った文明が滅び、雨晒しになった感じ。廃墟萌えとかぶりますね。その上空を伸びやかにドラゴンが滑空している、まさにそんな曲調、流石はめがてん細江御大(^^

 

そうですオリジナルがオリジナルなのです。アレンジはあくまでも二次。オリジナル至上主義の人は原曲を聴いていればそれでいいのです。ただ、アレンジにケチはつけるべきでないと。様々なアプローチを愉しめるのがアレンジの良いところです。

 

さて、今回のアレンジャーは『まもるクンは呪われてしまった!』の安井洋介氏。スーパースィープ在籍時の作品です。楽曲はなんと2013年発表、世代を超えています!敢えてFM音源調でよく解ってらっしゃる。特筆は原曲には無い、泣きのソロパートの存在です。

 

作品は偉大です。浮世絵など江戸期に描かれたものが、現代人の目にも触れ、感動させている。世代を超えている訳です。オールドゲームもそうです。本腰入れて文化として纏めていかないといけない気がします。

 

(*゚∀゚)っナムコスキーのココを聞いて!

曲は2200開始。原曲にはない泣きのソロ!24052435 この30秒間(^^♪♪

(*゚∀゚)=3ナムコスキーの一言いわせて!

この曲ホントにヘビロテで、いつ聴いても揚がります(^^)v

 

細江慎治 WORKS VOL.3 ~ドラゴンセイバー~(2CD)
細江慎治 WORKS VOL.1~ドラゴンスピリット~(2CD)
ナムコミュージアムアンコール PlayStation the Best





お待たせいたしました!ナムコメドレートリロジーの2作目、『Namco emix edoly ”なむこにあ R”』のご紹介です。作成はもちろん我らがleSYN(*^^)vすでに氏のHPで様々な作品を聴かれた方も多いと思います。どれも非常にセンスが良く、レゲー愛を感じずにいられなかったでしょう。

さて、今作のメドレーの中で最も新しいゲームが1994年稼働『余命検索サービス X-DAY』であるからして、なお一層の氏のレゲー愛をうかがえます!

 

3部作でどれが一推し?と聞かれたならば、甲乙つけがたいのですが、Rと答えるかも知れませんね(^^


(
*゚∀゚)っナムコスキーのココを聞いて!

・公式セットリストには無い、隠し?オープニングは勇壮な『ドルアーガの塔』フロアスタートテーマでまさにスタート!

・ピースフルな『リブルラブル』にて正式?開幕~『トイポップ』のファンシー系繋がり

・大人の事情で公式音源がリリースされていない『さんまの名探偵』『パックランド』繋がり

・『ギャラクシアン』~『ギャプラス』~『ギャラガ』のUGSFスペイシー三位一体攻撃

・山場?『ドラゴンスピリット』~『ドラゴンセイバー』の繋ぎが鳥肌モノ

 

 

(*゚∀゚)=3ナムコスキーの一言いわせて!

ここにオフィシャルの曲順をご紹介しておきますね。

 

amco emix edoly ”なむこにあ

リブルラブル 

トイポップ 

さんまの名探偵 

パックランド 

ディグダグ2 

メトロクロス 

X-DAY 

ファミリースタジアム 

ギャラクシアン 

ギャプラス 

ギャラガ 

ドラゴンスピリット 

ドラゴンセイバー 

超絶倫人ベラボーマン 

ドルアーガの塔 

スカイキッド 

細江慎治 WORKS VOL.1~ドラゴンスピリット~(2CD)
細江慎治 WORKS VOL.3 ~ドラゴンセイバー~(2CD)
ナムコ・ビデオ・ゲーム・ミュージック


gsmugqu

(*゚▽゚)/゚・:*【祝!発売30周年】*:・゚\(゚▽゚*)

発売はお馴染みのハードケースを見れば一目瞭然の我らが『ナムコット』ですが、開発は『ゲームフリーク』そうです、あの『ポケモン』の。お馴染み、デザイナー田尻智氏とグラフィッカー杉森建氏のタッグですね。

 

これですね~色々考えさせられるソフトなのです。TVゲームの本質とは、Aボタンを押すと、ジャンプする。突き詰めるとコレでないかと。コイツいきなり何言い出すんだ、とご心配の諸兄、大丈夫です、今は酔っていませんので(^_^;)

 

『クインティ』での操作は十字キーでの移動以外はパネルを『めくる』オンリー。敵が乗ったパネルを引っ張ってめくると敵が勢いで素っ飛んで行き壁に激突して消滅。ただこれだけなのです。ジャンプすらございません。これだけで十二分に楽しいのです!それには練られたシステムの裏付けがあるのですが、単純明快なルールで門戸は格段に広い、即ち取っ付きやすいのです。しかし中身は非常によく練られている。具体的に言うと様々な効果を持つパネルの配置がです。万人受けするのに奥深さも兼ね備えている、いわば知勇兼備の勇将であるのです!

さらに二人同時プレイ可能なのです。素晴らしい良ゲーですので、未プレイの方には是非ともプレイして頂きたいですね(*^^)v

 

TVゲームらしいTVゲームを堪能できますよ!

 

さて、今回の音源はメガハウスの食玩CDシリーズの特別編、雑誌『ユーゲー』の20053月号の付録です。入手は中々の高難度ですね。知らないとスルーしてしまうパターン。しかも、おそらく当ゲームのオフィシャル音源はコレだけかなと。権利の関係で難しいのでしょう。

 

(*゚∀゚)っナムコスキーのココを聞いて!

0054~メインBGM、そのまま身も蓋もないタイトル。トータルでファンシーな雰囲気で纏められています(^^

(*゚∀゚)=3ナムコスキーの一言いわせて!

このメインBGMなんですけど、翌年1990年稼働の『マーベルランド』(ACナムコ)アスレチック面に似ていませんか(^_^;)



杉森建の仕事 『クインティ』から『ジェリーボーイ』『ポケットモンスター』 25年間の作品集 (一般書)
クインティ [WiiUで遊べるファミリーコンピュータソフト][オンラインコード]
ポケモンをつくった男 田尻智 (小学館版学習まんがスペシャル)


↑このページのトップヘ