ナムコスキーのGMブログ

主にアレンジメントされたゲームミュージックを好き勝手に語ります♪

カテゴリ: GM

hosoe3

 

 (*゚▽゚)/゚・:*【祝!稼働30年】*:・゚\(゚▽゚*)

ようやくこの曲をご紹介できる日が来ました。このブログを始めたのもこの日を目指していたと言っても過言ではありません。目標に到達できましたので、2015年に開設した当ブログを本日をもって閉鎖いたします!ウソです!

 

我らオッサン世代には周知である『ドラゴンスピリット』(AC1987稼働・ナムコ)の続編が今回のお題『ドラゴンセイバー』(AC1990稼働・ナムコ)です。30年前の話を普通にしているのですが、これは普通ではないのでしょうね、世間の常識から見れば。まぁ世間とは何ぞや?私は好きなことの話をしているだけです。あまり気にしないで参りましょう!

 

システム上の大きな変更点は2人同時プレイが可能になった事でしょう。他はほぼ前作と大差ありません。作曲も当然、細江慎治氏が担当。

 

スタートの1面の舞台「水没都市」浪漫があります。繁栄を誇った文明が滅び、雨晒しになった感じ。廃墟萌えとかぶりますね。その上空を伸びやかにドラゴンが滑空している、まさにそんな曲調、流石はめがてん細江御大(^^

 

そうですオリジナルがオリジナルなのです。アレンジはあくまでも二次。オリジナル至上主義の人は原曲を聴いていればそれでいいのです。ただ、アレンジにケチはつけるべきでないと。様々なアプローチを愉しめるのがアレンジの良いところです。

 

さて、今回のアレンジャーは『まもるクンは呪われてしまった!』の安井洋介氏。スーパースィープ在籍時の作品です。楽曲はなんと2013年発表、世代を超えています!敢えてFM音源調でよく解ってらっしゃる。特筆は原曲には無い、泣きのソロパートの存在です。

 

作品は偉大です。浮世絵など江戸期に描かれたものが、現代人の目にも触れ、感動させている。世代を超えている訳です。オールドゲームもそうです。本腰入れて文化として纏めていかないといけない気がします。

 

(*゚∀゚)っナムコスキーのココを聞いて!

曲は2200開始。原曲にはない泣きのソロ!24052435 この30秒間(^^♪♪

(*゚∀゚)=3ナムコスキーの一言いわせて!

この曲ホントにヘビロテで、いつ聴いても揚がります(^^)v

 

細江慎治 WORKS VOL.3 ~ドラゴンセイバー~(2CD)
細江慎治 WORKS VOL.1~ドラゴンスピリット~(2CD)
ナムコミュージアムアンコール PlayStation the Best





bustamove2

(*゚▽゚)/゚・:*【祝!発売20周年】*:・゚\(゚▽゚*)


結局、デザインが好きなんです。フレイムグラフィックスの。前作からたった1年、『バストアムーブ2ダンス天国MIX』(PSエニックス1999)がリリースされました。当時の感情は、「早!俺歓喜!」でしょうかね。

 

キャラクターが増え、システムが基本を残したまま進化した、正統な続編です。ちなみにPS2にプラットフォームを移した次作『ダンスサミット2001』はチームバトルになり、個々のキャラクターが薄まり、今一歩の作品でした。残念((+_+))

 

さて、2です。人間以外に宇宙人、ロボットなど元々色物キャラ満載の作品でしたが、今作の隠れボスにはマジに度肝を抜かれました!そうです、恐怖すら覚えました。その名は「パンダー」です。は?ただのパンダでしょ、何が怖いの?ですよね、その疑問はわかります。しかし、これは実際正解ルートでたどり着き、体感したならば、私の言葉に納得していただけると存じます。20年前のソフトなのに何故かオフィシャルページが残存していましたので、是非ご覧いただきたい。パンダーの雄姿を!

http://www.metro-japan.com/game/log/bust2/game/g8.htm

 

ステージ開始時は小さい子パンダなのですが、すぐに正体を現します。その演出が見事!簡単にいうとパンイチで身体にパンダ風にペイントしたオッサン(実写取り込み風)で靴と靴下は片足のみ。それが演歌調の曲に乗せて日本舞踊を舞うのです!文字にするだけで吐き気を催す、カオスっぷり!これまでの世界感を根底からひっくり返す強烈なインパクト!この違和感を狙って持ってきたとしたら、プランナーに完敗で乾杯したいです。もうこれは脳みそがスゴイ!としか言えませんね。

 

(*゚∀゚)っナムコスキーのココを聞いて!

0000~狂気の世界を堪能してください (^^



(*
゚∀゚)=3ナムコスキーの一言いわせて!

現在のところ「2」がバストアムーブの完成形です。PS2の次作はあまりお勧めできません((+_+))

バストアムーブ2 ダンス天国MIX
バストアムーブ2 ダンス天国MIX
バストアムーブ2オフィシャルガイドブック



draculaperfectselection

(*゚▽゚)/゚・:*【祝!発売30年】*:・゚\(゚▽゚*)

今回はこれですよ!名作STG『グラディウス』と双璧をなすコナミの大看板であるドラキュラシリーズの第三作目『悪魔城伝説』(FC1989年コナミ)です!レジェンド、キターーーーー!!!今にして思えばよくタイトルからドラキュラを外しましたね。敢えての英断、シリーズ化の自信が伺えます!

 

『ドラキュラⅡ呪いの封印』(FC1987コナミ)から2年を経て、シリーズ初カートリッジで発売されました。特筆は『VRC VI』(ヴィーアールシー シックス)という独自開発のロム兼音源LSIが搭載されていたことです。ナムコスキー的にはハードの容量不足をソフトでカバーしている、という認識ですが、合っていますかね(;^ω^)

 

兎に角、びっくりしました!当時の感動は今でも鮮明に覚えております。音が凄すぎなのです!え?何?どこから鳴っているの?冗談ぬきでそう感じました。それほど、従来のFCの音と雲泥の差がありました。

 

30年前はネットなんて在りません。あるのは情報誌ぐらいで、それも目にするためには書店に出かけ、購入しなければなりません。運良く遭遇できても、記事は写真と文字です。現代のサンプル動画とは情報量が月と鼈。要するに事前情報がほぼゼロなので、衝撃の度合いも凄かったのでしょう。

 

さて、今回ご紹介するアレンジ曲の原曲は、荘厳なタイトルデモ、ネームエントリー、スタートデモ、と続き、満を持しての始まり、ステージ1のテーマ『遥かなる凱旋(beginning)』です。教会~町~墓場が舞台になっております。操作し始めの初っ端ステージですから、やる気にマンマンなのですが、三作目の余裕という重厚さも感じられて、非常に好感が持てるのです。

 

そのアレンジです。名曲の証として様々なアレンジが存在します。原曲至上主義の方も試しに聴いてみてください、こういうのも偶にはイイものですよ(^^)v

 

(*゚∀゚)っナムコスキーのココを聞いて!

0323~今起きたぞ!吾輩は唯血が欲しいだけなのだ!と高笑いしながら搭のてっぺんで独り、空のワイングラスを片手にステップを踏みながら歌い上げる?ファンキーなドラキュラ伯爵。愛すべき存在(^^

(*゚∀゚)=3ナムコスキーの一言いわせて!

3人のパートナーから相棒を一人選ぶゲームシステムが秀逸でした。盗賊グランドが一押し!

悪魔城ドラキュラ ベスト
悪魔城伝説 SOUNDTRACKS (NES版)
悪魔城ドラキュラ Best Music Collections BOX(DVD付)



↑このページのトップヘ