DQ3lame

(*゚▽゚)/゚・:*【祝!発売30年】*:・゚\(゚▽゚*)

2018年一発目はコレしかないでしょう!


一般的に名作と認定されている文学、絵画、映画などを何時目にするかで影響力は大きく異なります。例えば12歳と60歳に映画『スタンド・バイ・ミー』(1986年公開)を初見してもらう事です。反応はかなり違うのは明白でしょう。

 

さて今回のお題、名作『ドラゴンクエストⅢそして伝説へ…』(FC1988210日・エニックス)を30年前、ナムコスキーが少年時代にリアルタイムでプレイできた僥倖に感謝しています。

 

スタッフは言わずもがなの堀井雄二氏、鳥山明氏、すぎやまこういち氏の黄金トライアングル。

 

特筆は自由度の高さ。初っ端のパーティ編成からそうです。因みに初回は「ゆ・せ・そ・ま」のオーソドックスなメンバーで開始。更にクリアに至る過程、特に船を入手してからが無限大。敵レベルにより目に見えないルートは有りますが。過去2作とは革命的に進化しています。

 

目を閉じれば、懐かしい大陸のテーマBGM。最後の洞窟から地上に出たときの演出、所謂「アレフガルドに朝が」がマイベスト!そして副題「そして伝説へ…」の意味。今思い返しても鳥肌です(*^^)v

 

ご存知のようにこのⅢをもって、Ⅰ~Ⅲの三部作が完結する訳です。そしてⅣから天空シリーズに突入となります。

 

販売本数380万本は『スーパーマリオ』、『同3』に続いての大健闘で第三位です。サードパーティでは堂々の一位。

 

今回のアルバムはSFC版となっていますが、基本は同じ楽曲です。

(*゚∀゚)っナムコスキーのココを聞いて!

1109~急(戦闘のテーマ)→緩(アレフガルドにて)→急(勇者の挑戦)の編成が見事!DQ界のみならず全RPG中でボスと言えばゾーマです(^^


(*
゚∀゚)=3ナムコスキーの一言いわせて!

百も承知でしょうがSFC版は非常によく出来ています!まさに神移植(*^^)vただ「アレフガルドに朝が」はオリジナルが秀逸すぎて超えられませんでした(^_^;)

交響組曲「ドラゴンクエストIII」そして伝説へ・・・
ドラゴンクエストIII そして伝説へ…
ドラゴンクエスト3 そして伝説へ