ナムコスキーのGMブログ

主にアレンジメントされたゲームミュージックを好き勝手に語ります♪

2016年07月

DSC_0448

すぱぽよーん!


ゲーム誌『ファミコン通信』やパソコン誌『ログイン』。80年代半ば~90年代半ばにこれらの雑誌を愛読していた方なら、“すぽーん! "などの擬音が象徴的な四コマ漫画『ベーしっ君』を覚えているはずです。その『ベーしっ君』が、改めて“完全版"として復刊されます! 過去に4冊のコミックスとして出版されていた4コマ作品を1冊にまとめ、そこにコミック未収録だった“幻の作品"100本も追加収録。結果、総数約600本の4コマ作品を収録した内容となっております。ちなみに本書の厚さは約3センチ! “完全版"の名に相応しい、大ボリュームの1冊です。


黎明期の
PCFCなどを題材にした、ナムコスキーの世代には思い出の4コママンガです。基本ダジャレ。
Amazonにて「ベストセラー1- カテゴリ サブカルチャー」!日本もまだまだ捨てもんじゃない!もしくは通常運転です。

RPG
『マザー』の作者、赤城山の埋蔵金騒動の立役者などでも高名な、かの糸井重里氏はツイッターで「これだけしっかりとくだらないマンガは、なかなかな描けるもんじゃない。ぶらぶらぼーっ!」と、最大級の賛辞を送っています。

おススメ!

べーしっ君 完全版 (立東舎)

べーしっ君 4 (アスキーコミックス)

べーしっ君(1) [DVD]


DSC_0358

ちょいと過熱報道すぎじゃないですか?よからぬ思惑も感じるぐらいに…。



兎も角、任天堂が噛んだ公式スマホアプリです。正式には株式会社ポケモンの名義ですが、ニンテンダーのナムコスキー(ややっこしい)としては押さえておかないといけません。公式HPにも紹介されていますし。



配信開始当日の22日にDL完了。因みにナムコスキーはスマホゲー未経験者です。いわゆる、パズ○ラ、モンハ○、グランブルーなんちゃら?なども無論未プレイ。



そんなスマゲー童貞の私ナムコスキーが実際プレイして感じたポイントをいくつかあげたいと思います。

・タッチパネルなので感覚でプレイできる。

・実際の街が舞台。

・地元のランドマーク、街の名物の存在を再発見できる。

・コレクター魂を刺激。



正直な話、面白いです。特にウォーカー、散歩者、深夜の徘徊者などのお供に最適かと。要は街歩きが趣味の方には鬼に金棒、街歩きが捗ること請け合い。ナムコスキーも近年、運動不足解消のため一駅分歩くなどといった徒歩移動を多く取り入れています。そんな時に『ポケモンGO』があれば、単なる移動だったものが、色々楽しみが増えてプラス思考で取り組めます。

実は先程、都内有数の大人の歓楽街を散策してきましたが、『ポケモンGO』ユーザーだらけで、驚きました!



私みたいなオッサンユーザーにはちょいとゲーム性のある万歩計という位置づけでも十分楽しめるかと思います。



やはり各種メディアでも注意喚起されていますが、歩きスマホは厳禁です。スマホをいじる時は静止して。特に自制の効かないキッズユーザーには尚一層のアナウンスが必要ですね。

71QDQGl2n6L__SL1422_

(*゚▽゚)/゚・:*【祝!発売30周年】*:・゚\(゚▽゚*)


任天堂ディスクシステム初期の名作。『ゼルダの伝説』『謎の村雨城』『スーパーマリオブラザーズ
2』『バレーボール』『メトロイド』『プロレス』に続いてのディスクシステムオリジナル第7作目になります。


主人公は少年天使のピット。光の女神パルテナ救出とメデューサ退治に挑む縦横スクロール
ASTG。小さい足場がドキドキもの。敵キャラ「ナスビ使い」のナスビの呪いがシュール。

最終面は完全に横スクロールSTGになります。全く別ゲームの様相で珍しいですね。


ちなみに今回ご紹介の
CD2枚組のファミコン発売30周年の記念盤。リーズナブルで基本を押さえた選曲でおススメです。入手が容易なところもポイント高いです!


(
*゚∀゚)っナムコスキーのココを聞いて!
0536~壮大な雰囲気のオープニングからの1面への導入も素晴らしいのですが、ステージ2の伸び伸びとした疾走感が好き過ぎて堪りません♪



(*
゚∀゚)=3ナムコスキーの一言いわせて!

怒った死神を見たとき『マリオブラザーズ』の怒ったピンクのカニを思い出したのはナムコスキーだけでは無い筈です!

「ヤラレチャッタ」軽くてシュールなノリ。当時は頭にきましたが、今改めて考えると憎めないですね。BGMも人を小バカにしたようにコミカル♪

ファミコン 20th アニバーサリーアレンジ サウンドトラックス

GAME SOUND LEGEND シリーズ ファミコン・ミュージック Vol.2
Nintendo FAMICOM MUSIC(任天堂ファミコン ミュージック)



676292
676293
Nintendo of America
は、30種のNESゲームをプリインストールした小型のゲーム機「Nintendo Classic Mini: Nintendo Entertainment System」を、海外で1111日に発売すると発表しました。価格は59.99ドル。


1985
年にリリースされたNESのフォルムはそのままに、手のひらに収まる小型サイズのこちらのゲーム機は、HDMI接続に対応し、以下のNESゲームがプリインストールされています。


■収録タイトルリスト

Balloon Fight

Bubble Bobble

Castlevania

Castlevania II: Simon's Quest

Donkey Kong

Donkey Kong Jr.

Double Dragon II: The Revenge

Dr. Mario

Excitebike

Final Fantasy

Galaga

Ghosts N Goblins

Gradius

Ice Climber

Kid Icarus

Kirby’s Adventure

Mario Bros.

Mega Man 2

Metroid

Ninja Gaiden

Pac-Man

Punch-Out!! Featuring Mr. Dream

StarTropics

Super C

Super Mario Bros.

Super Mario Bros. 2

Super Mario Bros. 3

Tecmo Bowl

The Legend of Zelda

Zelda II: The Adventure of Link


各ゲームには複数の中断ポイントが用意されており、ゲームを途中から再開することも可能に。内容物は
HDMIケーブルとUSBケーブル(ACアダプターは別売り)、そしてNintendo Classic Mini:NES Controllerが同梱。こちらのコントローラーは単体版も9.99ドルで発売予定で、Wii U/Wiiに接続してバーチャルコンソールのNESゲームのプレイにも使用可能。尚、本ゲーム機にはクラシックコントローラーとクラシックコントローラーPROも接続が可能となっています。

久しぶりに物欲刺激まくりです!『バルーンファイト』『グラディウス』『マリオシリーズ』『ゼルダシリーズ』『ファイナルファンタジー』『悪魔城ドラキュラ』『ロックマン』『パックマン』等々メーカーの枠を超え集結したメジャータイトル。6000円で30タイトル。高い安いではなく、任天堂公式で発売されたことに価値があります!拍手!

taito1

(*゚▽゚)/゚・:*【祝!稼働30周年】*:・゚\(゚▽゚*)


『奇々怪界』(タイトー)です。まずは、タイトルが素晴らしい!奇々怪々をもじっての。うーん、ネーミングセンスの妙ですな。

稼働当時の1986年はまさにゲームセンター花盛りです。軽く1986年稼働タイトルを挙げると『アーガス』(ジャレコ)、『アテナ』(SNK)、『アルゴスの戦士』(テクモ)、『快傑ヤンチャ丸』(アイレム)、『源平討魔伝』(ナムコ)、『沙羅曼蛇』(コナミ)、『闘いの挽歌』(カプコン)、『熱血硬派くにおくん』(テクノスジャパン)、『ファンタジーゾーン』(セガ)等々、メジャー級が勢揃いです。懐かしい社名もチラホラ、時代の流れを否が応にも感じます。


当ゲーム、ジャンルは
ASTG(アクションシューティングゲーム)になるのでしょうかね。巫女の小夜ちゃんが妖怪にさらわれた七福神を助けだすストーリー。お札(遠距離)と御祓い棒(近接)が武器。可愛い小夜ちゃんと敵キャラのコミカルな雰囲気に騙され、100円玉を投入すると痛い目に合うほど実は難易度が高いです。トリッキーな敵の動きと、小夜ちゃんのアタリ判定のデカさに起因するのでしょうが…。小夜ちゃん、できればダイエットお願いします…。

さて肝心の音ですが、郷愁誘う和テイストかつ全体的に重い音質で、特にボスのベースラインがビンビンきます。先述の綺羅星の如く居並ぶタイトルの中でも最もゲーセン内に鳴り響いていた記憶がありますね。


その後、
FCPCEに移植され、更にSFCで続編が制作されたのは作品として恵まれています。その要因は小夜ちゃんのキャラクター人気に拠るところが大と言えます。


(
*゚∀゚)
っナムコスキーのココを聞いて!
0136~道中もイイのですが、やはりボス曲をどうぞ♪


(*゚∀゚)=3ナムコスキーの一言いわせて!

道中から一転、暗転してのボス名と共にボス登場の演出が好きでした。
後ろの正面だぁ~れ?

GAME SOUND LEGEND シリーズ「タイトー・ゲーム・ミュージック」

奇々怪界 オリジナルサウンドトラック
タイトー レトロゲームミュージック コレクション3 オールターゲットクラスタ

↑このページのトップヘ