gsm04todqok

(*゚▽゚)/゚・:*【祝!発売30年】*:・゚\(゚▽゚*)


まずはこれをご覧いただきたい(*^^)

「バビロニアン・キャッスル・サーガ」(BCS

バビロニアン・キャッスル・サーガ(Babylonian Castle Saga)は、ゲームデザイナー遠藤雅伸氏によるバビロニア神話を題材にした一連のビデオゲームシリーズ。

『ドルアーガの塔』the Tower of DRUAGATOD)(1984720日/AC

『イシターの復活』the Return of ISHTARROI)(198678日/AC

『カイの冒険』theQuest of KIQOK)(1988722日/FC

『ザ・ブルークリスタルロッド』the Destiny of GILGAMESHDOG)(1994325日/SFC

wiki参考

 

上記の4作品が正統シーリズとカテゴライズされました。発売順は3番目の『カイの冒険』ですが、物語の時系列では1番目の発端であります。

 

近年『ゲームセンターCX有野の挑戦』にてプレイされて、若いゲーマーにも広く周知されたのか中古市場では一時ソコソコ高値で取引されていました。

 

ジャンルはアクション。ですがプレイヤーが操る巫女カイは一切の攻撃手段を持たずに、ただただ敵や障害物を避けつつ、塔の最上階を目指すのです。発売日に購入しプレイした感想はストレス溜まるわ―!でした。プレイしていくうちに練り込まれたマップ、独特の操作性など光るポイントが多く、今や記憶に残る良ゲー認定であります。一応60階には到達しクリアはしましたが、高難易度のスペシャルステージは踏破できずじまいでした(^_^;)

 

さて今回ご紹介の音源は、『ゲームサウンドミュージアム~ナムコット編』です。当シリーズはメガハウスより『ゲームサウンドミュージアム ファミコン編』に引き続き発売されました。いわゆるおまけメインの食玩です。定価¥315(税込)とお買い得!マニア心をくすぐる8cmCDに当時の箱デザインを流用したパケ。お約束のシークレット有。蛇足ですが特別編『クインティ』は雑誌の付録限定の展開でやり過ぎの感がありましたが、キチンと確保しました(^^

 

(*゚∀゚)っナムコスキーのココを聞いて!

0000~全部聞いて!と言いたいところですが、短いながらも起承転結が巧いカイの旅立ち(オープニング)かな(^^


(*
゚∀゚)=3ナムコスキーの一言いわせて!

各所に前作「ドルアーガの塔」のBGMが使われていて、ファンには嬉しいですね(*^^)v

ゲームは ナムコ~♪

カイの冒険
カイの冒険完全攻略テクニックブック
ゲームサウンドミュージアム ナムコット編 『04 ドルアーガの塔・カイの冒険』 【8cmCD】