smbr

(*゚▽゚)/゚・:*【祝!稼働30周年】*:・゚\(゚▽゚*)


今回の元ネタはややマイナー
(^_^;)な『パックマニア』です。AC稼働は1987年。『パックランド』(1984年)から3年ぶりのパックマン・シリーズとなります。

ドット・イートタイプの基本は「catch and run」いわゆる「追いかけっこ」です。

当記事のタイトルとジャケ写からは全くもって解りづらいですよね(^_^;)

 

念のため当作品に至る歴史を振り返ってみましょう。『パックマン』(1980)、『ミズ・パックマン』(1981)、『スーパーパックマン』(1982)『パック&パル』(1983)、『パックランド』(1984)となり、初代の発売から7年目のリリースでした。

 

迷路が立体的になり当時はポリゴンでデザインされたキャラクターのツルツル感が未来的に感じたものです(-_- )シミジミ

キャラクターがパステル調のカラーリングであるのと迷路の壁がレゴブロック風だったりと全体的にポップでキャッチーな雰囲気でイイ感じです(*^^)v

パックマンがジャンプ出来るようになってモンスターを跳び越えられるのですが、後半にはジャンプ能力を有するモンスターも出現して優位性は瞬く間に消失します((+_+))

 

さて曲です。これがイイのです!マイナー作品ゆえの悲哀と申しますか、認知されていない、正に隠れた名曲と断言できます(*^^)v

 

今回ご紹介するアレンジはバンダイナムコスタジオ所属の増渕裕二氏によるもの。『風のクロノア2』『太鼓の達人』『アイドルマスター』などを手掛けています。テンポはオリジナルよりもスピードアップして更にノリノリ!元々完成度の高いため譜面は大きくいじらないのは正解!本来中盤面のPAC-MAN'S PARKは最もスピード感がある曲なのでインパクト重視で出鼻に持ってくる辺り、流石分かってらっしゃる!

 

『パックマニア』はナムコファンならだれもが知っているCD『ビデオ・ゲーム・グラフィティVol.4』(198938日発売)に収録されていました。それから約30年。ほぼ忘れ去られていた訳です。ありがとう!『スマブラ』(*^^)v


(*゚∀゚)っナムコスキーのココを聞いて!

0407~追いかけっこの緊迫感とスピード感をコミカルに表現されています(^^


(*
゚∀゚)=3ナムコスキーの一言いわせて!

しかし『スマブラ』は改めて凄いですよね、任天堂のゲームに「パックマン」や「ロックマン」が登場して「マリオ」とバトルするのですから!オールドゲーマーには感涙ものです!

大乱闘スマッシュブラサーズ for Nintendo 3DS/ for Wii U 特選サウンドテスト
Namco Music Saloon~from GO VACATION
NAMCO Museum: Remix (Wii) by Atari [並行輸入品]