DSC_0424

作者押見氏を知ったのは『惡の華』からです。思春期の暗部を集約して澱にしたような、その仄暗い情熱は異端ではありますが、どこかしら共感もできる、不思議な感覚を呼び起こされました。


その後既刊本の某大御所の作品のオマージュともいえる『漂流ネットカフェ』で押見氏の方向性を確認しました。やはり作者は日常生活では蓋をしている人の本能を赤裸々に描いていると。


今回ご紹介する『ぼくは麻理のなか』は主人公である冴えない大学生が軽くストーキングしていた美人
JKの中に入り込んでしまう?ことによって起こる顛末。コメディーではありません。単純な入れ替わりモノではないところが新しい。徐々に謎が解けてきたのか?そうでないのか?どういった結末を迎えるのか楽しみです。

ぼくは麻理のなか(5) (アクションコミックス)

ぼくは麻理のなか コミック 1-7巻セット (アクションコミックス)
惡の華 コミック 全11巻完結セット (少年マガジンコミックス)