DSC_0364

ゲーム音楽黎明期から発展期を経て現在のレトロブームの流れは、良くまとまっています。が、「大全」は大風呂敷すぎます。ゲーム音楽大全「ナムコ編」、「セガ編」、「コナミ編」などなら判りますがね。


CD
のリミックス曲目当てで購入したのでまぁ、いいでしょう。記事に期待はしていなかったのですが、私的には巻頭の慶野由利子氏(ディグダグ、ゼビウスなど作曲)のインタビューがベストでした。クリエイターとプレーヤーとで立場が違えども、ゲームというひとつのカルチャーが生まれ育っていく熱い時代を生きてきた事実。その証言は我等の体験をより豊かに補填してくれて、価値は無限大です。

肝心の
CDについては、まさに入門編。『ワルキューレの冒険』に至ってはエンディングに到達せずにゲームオーバー曲で終わりです。これはどうなのでしょうねぇ?
DSC_0365

ゲーム音楽大全 ナムコ名作CD付き (TJMOOK)
ナムコ・ビデオ・ゲーム・ミュージック
べーしっ君 完全版 (立東舎)