ナムコスキーのGMブログ

主にアレンジメントされたゲームミュージックを好き勝手に語ります♪

2018年も発売30、20周年を迎える名作が目白押し(*^^)v

DQ3lame

(*゚▽゚)/゚・:*【祝!発売30年】*:・゚\(゚▽゚*)

2018年一発目はコレしかないでしょう!


一般的に名作と認定されている文学、絵画、映画などを何時目にするかで影響力は大きく異なります。例えば12歳と60歳に映画『スタンド・バイ・ミー』(1986年公開)を初見してもらう事です。反応はかなり違うのは明白でしょう。

 

さて今回のお題、名作『ドラゴンクエストⅢそして伝説へ…』(FC1988210日・エニックス)を30年前、ナムコスキーが少年時代にリアルタイムでプレイできた僥倖に感謝しています。

 

スタッフは言わずもがなの堀井雄二氏、鳥山明氏、すぎやまこういち氏の黄金トライアングル。

 

特筆は自由度の高さ。初っ端のパーティ編成からそうです。因みに初回は「ゆ・せ・そ・ま」のオーソドックスなメンバーで開始。更にクリアに至る過程、特に船を入手してからが無限大。敵レベルにより目に見えないルートは有りますが。過去2作とは革命的に進化しています。

 

目を閉じれば、懐かしい大陸のテーマBGM。最後の洞窟から地上に出たときの演出、所謂「アレフガルドに朝が」がマイベスト!そして副題「そして伝説へ…」の意味。今思い返しても鳥肌です(*^^)v

 

ご存知のようにこのⅢをもって、Ⅰ~Ⅲの三部作が完結する訳です。そしてⅣから天空シリーズに突入となります。

 

販売本数380万本は『スーパーマリオ』、『同3』に続いての大健闘で第三位です。サードパーティでは堂々の一位。

 

今回のアルバムはSFC版となっていますが、基本は同じ楽曲です。

(*゚∀゚)っナムコスキーのココを聞いて!

1109~急(戦闘のテーマ)→緩(アレフガルドにて)→急(勇者の挑戦)の編成が見事!DQ界のみならず全RPG中でボスと言えばゾーマです(^^


(*
゚∀゚)=3ナムコスキーの一言いわせて!

百も承知でしょうがSFC版は非常によく出来ています!まさに神移植(*^^)vただ「アレフガルドに朝が」はオリジナルが秀逸すぎて超えられませんでした(^_^;)

交響組曲「ドラゴンクエストIII」そして伝説へ・・・
ドラゴンクエストIII そして伝説へ…
ドラゴンクエスト3 そして伝説へ


ナムコライブラリー

くそ忙しいド年末にトンデモナイNEWSが飛び込んできました!

当ブログの超ニッチな読者諸兄は既にご存知の事と存じますが、スーパースイープ様がやらかしてくれました!『ナムコサウンドミュージアム from X68000』の発売、しかもCD6枚組!バカでしょ?天才です!これぞまさに俺得と言わずして何が俺得か!

 

以下公式からの商品説明

■ナムコサウンドミュージアム from X68000 へようこそ!

このCDは、パーソナルコンピューター「X68000」用として発売された「ゼビウス」「ドラゴンスピリット」「ボスコニアン」「モトス」「ギャラガ’88」「ドラゴンバスター」「リブルラブル」「スターラスター」「ディグダグ/ディグダグII」「バラデューク」のゲームソフト11タイトルと、「NAMCO VIDEO GAME MUSIC LIBRARYVol.1」のゲームミュージック&サウンドを収録しています。

 

いずれも他ハード版から忠実に移植されているタイトル群ですが、X68000版だけの色々なゲームミュージックが楽しめるのも魅力です。

 

魅力あふれるX68000版ゲームミュージック

オリジナル版ゲームに使われている波形メモリ音源(ナムコPSG)のサウンドをFM音源(YM2151)で巧みに再現している楽曲もあれば、ADPCMMIDI音源を使ったオリジナル版とは異なる雰囲気の楽曲もあります。

 

「ドラゴンスピリット」はアーケード版でも同じFM音源が使用されていますが、X68000版ではBGMにステレオアレンジが施されているほか、”エリア1”の楽曲はフレーズが追加されたバージョンで収録されているのも面白いところです。

 

さらに 「ボスコニアン」「スターラスター」「モトス」では新曲が、「ギャラガ’88」では”パックマン”や”ラリーX”などのBGMアレンジ曲が追加されているのもX68000版の大きな魅力です。

 

NAMCO VIDEO GAME MUSIC LIBRARY Vol.1」とは、「ジービー」から「スカイキッド」までのナムコビデオゲームサウンド&ゲームミュージックを特集した楽譜集です。この書籍にはフロッピーディスクが付属しており、そのソフトウェアによって演奏される様々なゲームミュージックやアレンジ曲を当CDに収録しています。

 

いやーアホですね目の付け所が違いますね、スーパースイープ様は!X68000と共に青春を棒に振った自分としてはマストな訳ですが、売れる売れないと言ったら正直売れません!(断言)まぁ今年の源平討魔伝30周年記念盤然り、古くは『テクニクビート』のCD化然り、元来オールドナムコファンに優しい会社ですね(*^^)v

 

これからもツボ商品をドンドンリリースしてください!一生憑いていきますゾ(*^^)v


odinsphere

(*゚▽゚)/゚・:*【祝!発売10周年】*:・゚\(゚▽゚*)


何という事でしょう!十年一昔とはよく言ったモノですが、振り返ってみると
2007年からなにも成長していないナムコスキーです、こんにちは(*^^)vむしろ退化している!?

 

因みに10年と聞くと渡辺美里『10years』の歌詞「あれから10年も~♪この先10年も~♪(うる覚え)」が脳内リフレインするオッサンです(^_^;)

 

兎に角!10年前ナムコスキーは『オーディンスフィア』(アトラス2007/05/17 PS2)をプレイしていました確実に!

 

これは北欧神話をモチーフにしたファンタジーARPGです。魅力的な5人の主人公が織りなす群像劇になりますね。プレイヤーは5人すべてをプレイ出来る訳ですので様々な視点から物語を眺めることができ、最終的に一つの大きな流れの叙事詩が完成するのです!

 

ご存知のように開発は厚塗りでお馴染み『ヴァニラウェア』その代表神谷盛治氏の手によるグラフィックは、まぁ美麗の一言ですね。2Dアクションの頂点に君臨するとっても過言ではありません。そして音は『ベイシスケイプ』の崎元仁氏。数々の名作に彼の名前が刻まれているので、多くの説明は省きます。その彼の織りなす美しい荘厳かつ重厚なオケ調の楽曲が、美麗な神話叙事詩にマッチしない訳がありません!

 

(*゚∀゚)っナムコスキーのココを聞いて!

1352~美しい女性ヴォーカルが印象的なテーマ曲のシャナヒーアレンジバージョン。『シャナヒー』は北欧、ケルト系の民族音楽を専門に活動しているアーティストです。ですのでベストマッチ以外の何物でもないのです♪


(*
゚∀゚)=3ナムコスキーの一言いわせて!

『オーディンスフィア』は物語、デザイン、音楽が高次元にて融合した非常に素晴らしいゲームです。だからこそ近年リメイクされたのです。未プレイの方は是非プレイすることをおススメします!あ、スライド動画はネタバレを含みますので見たくない方はモニターの電源を落として聴いてください(*^^)v

オーディンスフィア オリジナル・サウンドトラック
オーディンスフィア レイヴスラシル オリジナル サウンドトラック CD
オーディンスフィア レイヴスラシル - PS4




↑このページのトップヘ