ナムコスキーのGMブログ

主にアレンジメントされたゲームミュージックを好き勝手に語ります♪

2017年も発売30周年を迎える名作が目白押し(*^^)v

vgg

アーケードメインの中で唯一のコンシューマーからの収録(VS筐体でのリリースがありましたがあくまで家庭用開発ベースですので…)。ソフト(1985126)とアルバム(1986326)の発売時期が近いので収録されたのでしょうか?

ゲームは戦略性が高く、高難易度。特にレーダーの見方にクセが有りました。しかも地味。現在は早すぎた名作などと呼ばれています。私も発売日に購入し頑張りましたが、アドベンチャーモードはクリアできませんでした。ナムコット、ナンバリングタイトル12

(*゚∀゚)っナムコスキーのココを聞いて!

0144~変調後からのミッションコープリートのファンファーレは感動的!


(*゚∀゚)=3 ナムコスキーの一言いわせて!
ミッション失敗→最低ランクはミトコンドリア。スペースオペラ。

遠山茂樹作品集・アートワークス編(資料系同人誌/B5判/246ページ)
ゲームサウンドミュージアム ナムコット編 『05 スターラスター』 【8cmCD】
遠山茂樹作品集・インタビュー前編(資料系同人誌/B5判/260ページ)

famicom1
天国に旅立ってしまわれた前任天堂社長岩田聡氏も参加した作品『バルーンファイト』。この曲は強制横スクロールで雷を避けながら、ひたすら風船を割るゲームCのBGM。独特の浮遊感と夜間飛行な世界観を見事に表現したオリジナル曲は田中宏和氏によるもの。当アレンジはそれを更に昇華し、宇宙にまで連れて行ってくれます!GMOレーベル第一弾に相応しい名アレンジ。インパクトある潔いジャケットワークも好きです。

(*゚∀゚)っナムコスキーのココを聞いて!

0000~曲全体を通しての浮遊感を感じて欲しい!


(*゚∀゚)=3ナムコスキーの一言いわせて!

風船割られる→カミナリ感電→怪魚に喰われる…。

GAME SOUND LEGEND シリーズ ファミコン・ミュージック
ファミコン 20TH アニバーサリー オリジナルサウンドトラックス VOL.1
Nintendo FAMICOM MUSIC(任天堂ファミコン ミュージック)




vgg

(*゚▽゚)/゚・:*【祝!稼働30周年】*:・゚\(゚▽゚*)


A面が全曲アレンジ版。B面がドラマ+歌謡曲アレンジの風変わりなアルバム。実験的でもあります。初期アルファと同様ビクターも題材はナムコ。かのGMOレーベル設立前に発売されたのは先見の明があったと言えます。

しかしながら今見ても見事なジャケットデザインです。ポップでキャッチーで楽しそう。ジャケ買い必至!
作曲は中潟憲雄氏。侘び寂びを体現した和風ロック調。BIGモードの迫力には当時のナムコスキーはド肝を抜かれました。義経の緊迫感、弁慶の重量感、淡路島(ボーナスステージ)の愛情?を表現したオリジナル曲はどれも見事じゃ!

(*゚∀゚)っ
ナムコスキーのココを聞いて!

0218~静かな序章からのスピード感あふれた盛り上がり♪
(*゚∀゚)=3ナムコスキーの一言いわせて!
ゲームセンターでの稼働が198610月。このアルバムの発売が同年321日。曲を聴きまくって世界観をイメージしていました。

HuCARD Disc In BANDAI NAMCO Games Inc.Vol.2
太鼓の達人 オリジナルサウンドトラック「サントラ2008」GAME SOUND LEGENDS SERIESシリーズ「ナムコ・ゲーム・ミュージック VOL.1」



↑このページのトップヘ