ナムコスキーのGMブログ

主にアレンジメントされたゲームミュージックを好き勝手に語ります♪

2017年も発売30周年を迎える名作が目白押し(*^^)v

smbr

(*゚▽゚)/゚・:*【祝!稼働30周年】*:・゚\(゚▽゚*)


今回の元ネタはややマイナー
(^_^;)な『パックマニア』です。AC稼働は1987年。『パックランド』(1984年)から3年ぶりのパックマン・シリーズとなります。

ドット・イートタイプの基本は「catch and run」いわゆる「追いかけっこ」です。

当記事のタイトルとジャケ写からは全くもって解りづらいですよね(^_^;)

 

念のため当作品に至る歴史を振り返ってみましょう。『パックマン』(1980)、『ミズ・パックマン』(1981)、『スーパーパックマン』(1982)『パック&パル』(1983)、『パックランド』(1984)となり、初代の発売から7年目のリリースでした。

 

迷路が立体的になり当時はポリゴンでデザインされたキャラクターのツルツル感が未来的に感じたものです(-_- )シミジミ

キャラクターがパステル調のカラーリングであるのと迷路の壁がレゴブロック風だったりと全体的にポップでキャッチーな雰囲気でイイ感じです(*^^)v

パックマンがジャンプ出来るようになってモンスターを跳び越えられるのですが、後半にはジャンプ能力を有するモンスターも出現して優位性は瞬く間に消失します((+_+))

 

さて曲です。これがイイのです!マイナー作品ゆえの悲哀と申しますか、認知されていない、正に隠れた名曲と断言できます(*^^)v

 

今回ご紹介するアレンジはバンダイナムコスタジオ所属の増渕裕二氏によるもの。『風のクロノア2』『太鼓の達人』『アイドルマスター』などを手掛けています。テンポはオリジナルよりもスピードアップして更にノリノリ!元々完成度の高いため譜面は大きくいじらないのは正解!本来中盤面のPAC-MAN'S PARKは最もスピード感がある曲なのでインパクト重視で出鼻に持ってくる辺り、流石分かってらっしゃる!

 

『パックマニア』はナムコファンならだれもが知っているCD『ビデオ・ゲーム・グラフィティVol.4』(198938日発売)に収録されていました。それから約30年。ほぼ忘れ去られていた訳です。ありがとう!『スマブラ』(*^^)v


(*゚∀゚)っナムコスキーのココを聞いて!

0407~追いかけっこの緊迫感とスピード感をコミカルに表現されています(^^


(*
゚∀゚)=3ナムコスキーの一言いわせて!

しかし『スマブラ』は改めて凄いですよね、任天堂のゲームに「パックマン」や「ロックマン」が登場して「マリオ」とバトルするのですから!オールドゲーマーには感涙ものです!

大乱闘スマッシュブラサーズ for Nintendo 3DS/ for Wii U 特選サウンドテスト
Namco Music Saloon~from GO VACATION
NAMCO Museum: Remix (Wii) by Atari [並行輸入品]

DSC_0674


なにをどう書いたら良いか分からず、今日まで来てしまいましたが、キリが無いので
UPします。決してDQ11にハマっていた訳ではありませんよ(^_^;)


AC
FCの音源はもちろん、数々のアレンジを収録。まぁ決定盤言ってもいいでしょう。出たことに感謝!『765mega mix』アレンジは未収ですが…。


「真組曲 源平討魔伝」

新曲。15分越えの大作。30年。一言で30年と言っても、実際は重みがありますよね。生まれた赤子が30歳になるのですよ、当たり前ですが(^_^;)30歳いい大人です。

万感の想いと共に、満を持してのエンディングテーマ。さあ泣くが良い!涙なしには聞けません大号泣•。・゚・(ノД`)・゚・。


何はともあれ30周年、盛り上がってくれて嬉しいですね(*^^)v

源平討魔伝~参拾周年記念音盤~
GAMEgene Vol.3
GAME SOUND LEGENDS SERIESシリーズ「ナムコ・ゲーム・ミュージック VOL.1」


kuronoa

(*゚▽゚)/゚・:*【祝!発売20周年】*:・゚\(゚▽゚*)

年々、順調に涙腺が緩くなってきているナムコスキーです、こんにちは(^^

 

「お、往年のナムコ的なPSオリジナルのACGが来るのか!」

『風のクロノア』(PS1997)発表時の感想です。発売は12月、クリスマス商戦に合わせていることからも、全年齢向け、子供も女子も安心して遊べます。難易度も普通にクリアするだけなら低めの設定ですね。キャラ、世界観もファンタジックでキャッチーです。

 

…というのはあくまでも表の顔。実は『風のクロノア』の隠された真の素顔は恐ろしく且つ凄まじい「涙腺破壊ゲー」即ち「泣きゲー」であったのです(`・ω・´)キリッ!!!

 

かの名作『MOTHER』(FC1989)のキャッチコピーは「エンディングまで、泣くんじゃない。」でした。これの裏の意味は最後には泣いてイイよ!と言っているのであって、プレイヤーは何となく感動が待ち受けているのかな?と心構えができます。

 

で、『風のクロノア』です。急転直下、青天の霹靂とはコノことです!20年前のタイトルとは言え、完全なネタバレは主義に反しますので、致しませんが、つまりはそういう事です!

 

不意を突かれての、号泣!月並みですがモニターが涙で見えません!当時青年だったナムコスキーの純真無垢?な心をダイレクトに掴んでくる、まさかの展開。さらに演出、声優さんの熱演も神懸っていて感動の上乗せ。思い出しただけで目頭が熱くなってきます(爺)。

 

さて、音です。じつはクロノアのサウンドスタッフは大看板が名を連ねているのです。ナムコの女帝『ドルアーガの塔』の小沢純子氏、『samurai rocket(リッジレーサー5の名曲)』の高橋弘太氏、細江真治氏の後継者で『エースコンバット』『リッジレーサー』両シリーズの中核、大久保博氏などであります。

 

良曲が多いこのクロノアですが、今回ご紹介するのは矢張り、あの感動シーンに流れる『Resurrection』(意味は再生・蘇生)であります。未体験の方は是非是非プレイしてあのシーンをご覧いただきたい!難易度は低めですので(*^^)v

 

ところでご存知でしょうか?まさかのアニメ化も進行中!!!やはり発売20周年の区切りですからね。楽しみに続報を待ちたいと思います(*^^)v

http://namisoku.net/klonoa-anime/

 

(*゚∀゚)っナムコスキーのココを聞いて!

0115~ハミングが染みる~(*’ω’*)


(*
゚∀゚)=3ナムコスキーの一言いわせて!

FarewellからStaffrollの一連の流れも是非聞いていただきたい!

Wii版は頭身が伸びすぎ違和感が…(+_+)


風のクロノア ― オリジナル・サウンドトラック
風のクロノア2 サウンドトラック
風のクロノア door to phantomile





↑このページのトップヘ