ナムコスキーのGMブログ

主にアレンジメントされたゲームミュージックを好き勝手に語ります♪

2019年も発売30、20周年を迎える名作が目白押し(*^^)v

DSC_2233

岩田さん。最後は任天堂の社長としての岩田さんであったが、私にとっては『MOTHER2』の救世主のプログラマー岩田さんが最初でした。

 様々な顔を持つという事は、即ち様々な才能が満ち溢れていたという事であります。

岩田さんはまさにそんな人の典型でしょう。

57歳で旅立たれてしまうのですが、あの世でも岩田さんの才能を欲したと、納得するより他はないです。

岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた。
バルーンファイト
MOTHER2 ギーグの逆襲



persona2ipor

(*゚▽゚)/゚・:*【祝!発売20周年】*:・゚\(゚▽゚*)

みなさん、ご記憶にございますか?『ペルソナ2 罪』(PSアトラス1999)のテーマソングがhitomiの『君のとなり』だった事を。ソフトのリリース時のプレス発表にも同席していたかと。

 

前作『女神異聞録ペルソナ』から3年、女神異聞録の冠を外し『ペルソナ2 罪』として満を持して、ド世紀末の1999年にリリースされました。女神転生からの脱却、一派を立てての、シリーズモノの誕生です。因みに勘違いされている方が多いと思われるのですが、20世紀は2000年までで、21世紀は2001年からです。

 

翌年発売の『ペルソナ2 罰』との2部作であります。前作のキャラも多数登場しファンには嬉しい演出が多い印象です。システムもかなり練られており、やり込み要素も多く、非常に丁寧に作られていました。罰への引き継ぎも選択により変化する、マルチストーリーの形式も見事でした。噂が現実となる設定も現実世界の世紀末の雰囲気と相まって、非常によく出来ていました。最終的には街が○○に!

 

さて、hitomi氏です。スマッシュヒットの「LOVE2000」以前の作品である「君のとなり」ですね。テーマソング?客寄せパンダ?当初は失礼ながら、そんな感想でした。ところが、です。聴いてみると、よい!歌詞、メロディ共に。主人公を見守るお姉さんの目線と歌詞の、ノスタルジー、母性、温かい応援ソング風味が見事にマッチしております。メロディがゲーム中にもマップのBGMにも採用されていて、うまく親和しており、脱帽でございます。今回は色々五月蝿そうなのでゲームサントラからのUPに限らせていただきます。公式のチャンネルにサワリだけあるので気になった方はご自身で探してみてください。

 

最後に歌詞からグッと来たフレーズをご紹介いたします♪

『今すぐに笑ってあげましょう 今すぐに歌ってあげましょう』

『愛はほらここにある この乳房で羽癒し 少女はまた歩き出す 果てしなく続く道へ』

『きっと素顔求めて心の仮面はずして』

(*゚∀゚)っナムコスキーのココを聞いて!

0000~マップBGMにメロディーとして使われています(^^

(*゚∀゚)=3ナムコスキーの一言いわせて!

hitomi:小室哲哉プロデュースで1994年にデビュー。シングル「君のとなり」は通算14枚目にて1999616 リリース。

ペルソナ2 罪 オリジナルサウンドトラック
ペルソナ2 罰 ETERNAL PUNISHMENT.オリジナル・サウンドトラック
君のとなり



↑このページのトップヘ