ナムコスキーのGMブログ

主にアレンジメントされたゲームミュージックを好き勝手に語ります♪

2017年も発売30周年を迎える名作が目白押し(*^^)v

DSC_0620

最新刊ではありません。表紙絵からは何の漫画か判別不能な7巻をチョイスしました。


内容紹介:

放課後女子の、アナログゲーム物語!

春の京都―――――

見知らぬ街に引っ越してきた女子高生の綾。

彼女とはじめて友達になったのは、

引っ込み思案な同級生の美姫。

ある日の放課後、委員長の翠の後をこっそりつけて綾たちが訪れたのは、

アナログゲーム専門店、その名も「さいころ倶楽部」!!

 思わずやってみたくなる、本場ドイツのボードゲームも満載!!

「楽しい」を探す少女たちと、心躍るゲームの世界へ!!

 

TVゲームが世に出ると、一時期駆逐された感のある「ボードゲーム」ですが、最近復権の兆しあり。というか新たなファン層を獲得し、盛り上がりを見せています。ボードゲームカフェなんてのも、よく目にします。いい傾向ですね。TVゲームににはない、人×人のコミュニケーションが肝ですので。キッズにはTVゲームを触れる前に、是非ボードゲームの楽しさを知ってほしいですね(*^^)v

放課後さいころ倶楽部 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
放課後さいころ倶楽部 8 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
放課後さいころ倶楽部 コミック 1-6巻セット (ゲッサン少年サンデーコミックス)




taiko2008

1/22、元ナムコ会長、中村雅哉さんが91歳でお亡くなりになりました。慎んでご冥福をお祈りいたします。夢をありがとうございます。



突然ですが、侮れないのが『太鼓の達人』(
AC2001221日稼働)です。子供騙しの大型筐体でしょと、当初完全スルーしていまして、最近所謂ナムコアレンジ楽曲が豊富に存在すると知りました。…遅すぎですね(^_^;)

 

まぁ考えてみればコナミは既に『ビートマニア』のKonamixという括りで、過去ゲームの楽曲をアレンジしていましたので、予想はできたハズですが、迂闊なナムコスキーでした。

当ブログでも太鼓曲はいくつかご紹介済ですが、曲は短めでも、いずれも良くまとまっており好感触です。

 

今回ご紹介する『ナムコットメドレー』は、ほとんどがタイトルBGMを繋いだけで、捻りがないストレート仕様ですが、イイのです。ファンとしては感涙もの!そもそも「ナムコット」とは、家庭用ゲーム機用商品向けブランドです。ファミコン、PCエンジン、メガドライブ、MSXなどにソフトをサプライする際に使用していました。1984年~1995年まで使用され、その後は業務用と同じ「namco」ブランドに統一されました。ちなみに、namcot名義で第一弾ソフトとして発売されたのがMSX版の『パックマン』、最後に発売されたのが、PS版『鉄拳』です。namcotnamcot由来は謎です、どなたか詳しい方ご教授してください。

 

1980年代FC第一世代のナムコスキーですので、当時のゲームセンターは不良のたまり場的で学校から出入り禁止の沙汰がでていまして、ACの「ナムコ」より家庭用の「ナムコット」に触れる機会が圧倒的に多かったのです。ですので「ナムコット」にインプリンティングされたと言っても過言ではありません。「ナムコット」と聞くと過ぎ去りし青春の日々を思い出し、郷愁の念に駆られます…。(ゲームセンターには内緒で忍び込んでいましたけど…)

 

さて今回はクイズ形式にします!『ナムコットメドレー』に収録されている全タイトル名は?まずは「Q」を聞いていただきチャレンジしてください。その後「A」で答え合わせです。さてさて何個判りましたか?

ヒント:15タイトル16曲です。

 

Q.



ナムコット・ゲーム・ア・ラ・モード
ファミコンミュージックDVD~ナムコット編~
太鼓の達人 オリジナルサウンドトラック「サントラ2008」




A.


↓タイトル名は以下を左クリックで反転させてください。

パックマン(ゲームスタート)~ディグダグ(メインBGM)~マッピー(メインBGM→ラウンドクリア)~ファミリースタジアム(ホームランジングル)~ワープマン(メインBGM)~バトルシティ(ゲームスタート)~ギャラガ(ゲームスタート)~ゼビウス(ゲームスタート)~ワルキューレの冒険(メインBGM)~スターラスター(ゲームスタート)~ファミリーテニス(セレクトBGM)~ファミリージョッキー(レースBGM)~ドルアーガの塔(ゲームスタート)~スカイキッド(メインBGM)~ギャラクシアン(ゲームスタート)~ドルアーガの塔(ゲームオーバー)

(*゚∀゚)っナムコスキーのココを聞いて!

002901030123~最後まで:目まぐるしくタイトルが入れ替わりますが、違和感がなく、あたかも同タイトルかと錯覚を起こす箇所あり(^^

(*゚∀゚)=3ナムコスキーの一言いわせて!

上でも述べましたが、ほぼタイトル音を繋いだだけです。しかし、そのつなぎ方が絶妙で、TVの前に座ってコントローラーを握りしめていた、あの日を思い出します(*’ω’*)



DQ12

 

(*゚▽゚)/゚・:*【祝!発売30周年】*:・゚\(゚▽゚*)

『ドラゴンクエスト』の発売から8カ月後の1987126日発売の『ドラゴンクエストⅡ』です。今振り返ると、たった8ヵ月で続編が発売されたことに驚愕しますね。容量が少ないこともありますが、当時の開発環境は小回りのきく少人数で、かつ一人一人が一騎当千の猛者であったので、この疾風怒涛の展開が可能でした。

 

ただ、急いだ発売のしわ寄せでテストプレイ不足、調整不足の結果、高難易度で有名な『ドラゴンクエストⅡ』が誕生!となる訳ですが、そのなかでも最難所はロンダルギアの洞窟でも、ブリザードのザラキ攻撃でも、アトラス、パズズ、べリアル三連戦でもなく、ハーゴン、シドでもなく、地獄の「復活の呪文(パスワード)」52文字であったと断言できます!!!

 

ブラウン管ににじむ見づらい52文字。当時はデジカメなんぞ存在していないですから、画面をパシャリなんてできません、一字一字書き写すのみ!子供のやることですからまぁ間違えますね。有効な前回のパスワードまで戻され、苦労した冒険が水泡と化す訳です。うん、手強い!

 

その復活の呪文入力画面で流れるのが「Love Song 探して」です。リアルタイム世代にはお馴染みの曲。恐らく『ドラゴンクエストⅡで』で一番耳にした曲でしょう。「パスワード探して」にタイトルを変えた方がしっくりきますね(^_^;)ちなみにパスワードが存在しないリメイクSFC版などでは冒険の書(セーブデータ)選択画面で流れます。

 

(*゚∀゚)っナムコスキーのココを聞いて!

0000~目を閉じて聞いてください。あの復活の呪文入力画面が浮かんで来たら立派なオッサン(*^^)


(*
゚∀゚)=3ナムコスキーの一言いわせて!

同名曲「Love Song 探して」でデビューしたアイドル?牧野アンナをゲーム内で見つけるキャンペーンが開催されました。

30年間ずっとタイトルを『Love Song を探して』と思い込んでいました!

実は名曲が多いⅡ。「遥かなる旅路~広野を行く~果てしなき世界」のメドレーも捨てがたいです(^_^;)

交響組曲「ドラゴンクエストI・II」
交響組曲「ドラゴンクエストI・II」
「ドラゴンクエスト」ゲーム音源大全集1




↑このページのトップヘ